期限切れの写ルンです(ISO1600)

フィルムが捉えられる光の量を

表した数値、ISO値。

通常の写ルンですはISO400という値ですが、

かつては、暗いところでも撮りやすい

ISO1600の写ルンですが生産されていたようです。

明るく写る分、ノイズがのって

やや画質の悪い写真になるという

デメリットもあります。

うまくいった写真

どのくらいの明るさで撮影できるのか

いまいちピンとこないまま、

試してみました📸

使用期限:2020年5月

撮影・現像時期:2023年夏

結論から言うと…

「明るい写ルンですがあるらしい!!」

という気持ちが先行しすぎて、

ISO16000くらいの感覚になってしまっていました。

一眼かよ。

一定以上暗い場合(暗めの屋内、夜が来る直前の夕暮れでの人物撮影など)は、

通常同様フラッシュを焚いたほうがよさそうですが、

まだ明るさのある夕焼けなど

控えめな明るさの状況で撮る場合は

活躍してくれそうです。

▼日中、車内から、フラッシュなし

このくらいの太陽の強い光があれば

いい感じです。

ノイズは多いですが、

まだまだ続くレトロ流行り的には

むしろ雰囲気が出ていていいかも?

▼屋外、夕方、フラッシュなし

フラッシュを焚かないような、

暗めの状況での風景写真の撮影は

やや難しいかも。

ギリギリいい雰囲気!

▼屋内、蛍光灯のみ?、フラッシュなし

ダメだった!

フラッシュ必要でした。

▼屋内、蛍光灯のみ、フラッシュあり

よく撮れてます。

でも、普通の写ルンですでもいいのでは?

とも思います。

▼夜、屋外、フラッシュなし、発光している被写体

これは…ギリギリ、

趣のある写真なのかな?

もっと近い距離で撮影できたら、

アリかも?

打ち上げ花火

▼夜、屋外、フラッシュあり

よく撮れていますが、

ノイズが多いのがやや気になる。

これも、普通の写ルンですでもいいかも?

▼明け方、屋外、フラッシュなし

富士山五号目から日の出を見た時に

撮影した写真。

明るいか、暗いかの間くらい。

これが一番、ISO1600の良さが

生きたと思います。

夜明け前、暗すぎ
朝焼けの雲海と友人たち

なかなか使い所の難しい遊び道具ではありましたが、

いつもとちょっと違って面白いカメラでした。

使用期限が2、3年過ぎた程度では

フィルム自体の劣化は

特に気になりませんでした。

また安く買えたら

いろいろ試してみようと思います。

安く手に入って

味のある写真を楽しめるのが、

期限切れの写ルンですの面白いところです。

おすすめの検索結果を置いておくので、

興味があればメルカリで探してみてください🌟

これから始める方は、紹介コードの入力で

500円分のポイントゲット!

メルカリ紹介コード:XABFAB

▼期限切れの写ルンですを買う時のポイント

・使用期限から10年程度以内

・「冷暗所で保管」の記載がある

・未開封

💡これらをクリアしていれば、

写る可能性が高いと思います。

自己責任でお楽しみください!

参考:『期限切れの写ルンです(2021-10-05)』

ゆずゆ